【IOS 12新機能】IPHONE「APP使用時間の制限」を設定する方法 ビンゴ

アプリ時間制限 145983

プレミアム機能は問題アリ! 自身の経験、検証より。 1。

保護者向け Google ファミリー リンク

スマホやタブレットが楽しいことは大人でも知っています。大人がスマホを快適に使いたいために自宅にWifi環境を整えている家庭もあります。 子どももスマホやタブレットを息抜きとして使うなら問題ない家庭も多くあります。しかし子どもは中々時間や約束を守ってくれません。 Youtubeばかり見てないで勉強しなさい!!と怒っても効果がなく、悩んでいるお父さん、お母さんにおすすめのアプリがあります。 それは 時間制限 をするアプリです。時間制限するアプリは開始時間、 終了時間を設定し、その時間になると自動的にアプリやスマホが使えなくなります 。 今回はおすすめの時間制御アプリを紹介します。時間制御アプリも有料から無料まで様々なアプリがありますが今回は無料アプリに絞り、さらに使いやすいアプリを3つご紹介します。

「使わない時間帯」やアプリの1日の利用時間を設定

iOS 12で[設定]に新たに加わった「スクリーンタイム」は、iPhoneの利用を休止する時間やアプリごとの利用時間制限を設定できるアプリ。子ども向けの設定のほか、自分の「使い過ぎ」対策としても有効です。 iOS 12では、こうした「使い過ぎ」対策として「 スクリーンタイム 」という新機能が搭載されました。寝ている間の「iPhoneを使わない時間帯」や、ゲームなどの1日の利用制限時間を設定できます。また、子どものiPhoneの管理にも利用できます。 睡眠のために「 iPhoneを使わない時間 」を決めたいときなどには、休止時間を設定しましょう。休止時間に設定した時間帯は、[通話]および一部の許可したアプリ(初期設定では[メッセージ][FaceTime][マップ]の3つ)以外は利用できなくなります。 従来のiOSにもあった機能制限やプライバシー関連の設定が、[コンテンツとプライバシーの制限]にまとめられています。アプリやコンテンツの購入、位置情報サービスなど機能の利用を制限でき、 子ども用のiPhoneで必要な制限を設定するのに便利 です。 子どもが勝手に設定を変えないようにしたい場合 などに、パスコードを設定しておくといいでしょう。自分の意志の力が信用できない場合に、家族や友達にパスコードを設定してもらい、自分では設定をすぐ変えられないようにすることもできます。

「App使用時間の制限」でアプリの使用を制限する方法

21. THE. LOVE Venus TV Chu. ANA MD ANA2 411 D.

ディスカッション