フィリピン、ゲーミングショップ「BINGO8」FC正規取次店 ビンゴ

はじめて比国ゲーミングスロット 252255

IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。

日本にカジノを作る意義があるとしたら、一つだけ

しかし、どうやら国際的にも、パチンコ機・パチスロ機は「ギャンブル用電子的ゲーム機械(EGM=Electric Gaming Machine)」だと見られているようだ。その前提に立つと、全世界のギャンブル機の約60%が日本に存在することになる。だから日本は「世界有数のギャンブル大国」で、「世界一ギャンブル依存症の多い国」なのだ。 高橋洋一「ニュースの深層」 長谷川幸洋「ニュースの深層」 伊藤博敏「ニュースの深層」 町田徹「ニュースの深層」 歳川隆雄「ニュースの深層」 田崎史郎「ニュースの深層」 山崎元「ニュースの深層」 井上久男「ニュースの深層」。 近藤大介「北京のランダム・ウォーカー」 川口マーン恵美「シュトゥットガルト通信」 安達誠司「講座:ビジネスに役立つ世界経済」 磯山友幸「経済ニュースの裏側」 真壁昭夫「通貨とファイナンスで読む世界経済」。 規制緩和・政策 経済・財政。 河合 莞爾 プロフィール。

マニラの投資環境と新規プロジェクト2019 : 2/2

前回の記事 では、マニラの投資環境についての各不動産コンサルティング会社のレポート内容をご紹介しました。 では次に、その中でも気になるトピックを説明していきましょう。 オフショアオンラインゲーミングとは、インターネット上の賭博です。政府が所有するフィリピンゲーミング公社(Philippine Amusement and Gaming Corporation PAGCOR )の規則では、外国に住む外国籍で、21歳または居住する国で法定年齢に達している者のみが、フィリピンを拠点としたオンラインゲーミングに参加できるとしています。PAGCORは、国内外のフィリピン国籍の者または外国籍でフィリピンに合法的に拠点を置いている者は、フィリピンを拠点とするオンラインゲーミングにアクセスできないとしています。 オフショアオンラインゲーミングには、ゲーミングシステムやゲーム、スポーツギャンブルやプールベットを提供するソフトウェアやプラットフォームのプロバイダも含まれます。コールセンターやサポートサービス用のビジネスプロセスアウトソーシング(BPO プロバイダ、実際ディーラーのいるスタジオでカジノのゲームをオンラインでリアルタイムに放映するデータまたはコンテンツストリーミングプロバイダ、支払ソリューション、プレイヤー登録、ポイント還元やマーケティングモジュールを提供するゲーミングサポートプロバイダも含まれます。 フィリピンのゲーミングセクターは、好調な国内経済を受けて成長が見込まれており、総ゲーミング収入(Gross Gaming Revenues GGR の伸びにもつながります。フィリピンは、投資およびゲーム資金の流入で、オンラインゲーミングの一次市場となっています。オンラインゲーミング産業を通じた、チャイナマネーの流入も急速に進んでおり、GGRをさらに押し上げるとみられています。

オカダ・マニラにフィリピンで初めてセガサミークリエイションの「Baccarat Maximum Fortune」設置

日本のパチンコ市場は年で1億円程度でした。それが、高度成長期真っ只中の昭和53年頃から、 「第一黄金期」 と呼ばれる急速な成長期を迎え、全国的に拡大。75年に億円、80年で1兆円、85年で10兆円、90年で15兆円、95年で32兆円…と、最盛期には30兆円市場と言われた巨大市場。しかし、現在の日本のパチンコ業界は景気の後退と共に縮小傾向です。 そんな時に 次に目を向けるべきは海外 ではないでしょうか? そして、フィリピンは今まさに、 高度成長期を迎え始めている国 なのです。 フィリピンは今、かつての大阪万博の日本並の経済成長力をもって発展しています。そして日本の辿った歴史をなぞるかのように街中に「e-Bingo」の看板が増え始め、マシンが並び、 立ち見で台が空くのを待つ遊戯待ちする人の姿はまさに、昭和60年頃、パチスロ1。 フィリピンのカジノは全て、PAGCOR パグコアー という公社が管轄しています。よって民間の会社が行うことはできません。 政府が運営しているので、セキュリティが厳しいですが、その分安全性も高いので、 安心してゲームをプレイすることができます 。 フィリピンは、東南アジア諸国連合(ASEAN)で最大の「カジノ大国」になる見込みだ。 スイス金融大手クレディ・スイスは、同国カジノ産業の市場規模が2018年までに56億ドル(約5370億円)を超え、シンガポールを上回ると予想した。現地紙インクワイアラーなどが報じた。 クレディ・スイスによると、フィリピンのカジノ産業は18年まで年平均28%の成長を維持する見通し。 人口9700万のフィリピンは、カジノが盛んなマカオやシンガポール、マレーシアなどよりも人口が多い点が有利に働くほか、労働人口が年2%ずつ増加するとともに所得増で購買力が高まり、 娯楽産業の規模が飛躍的に拡大するという。ASEAN域内では、フィリピン以外に15年までカジノの開業が予定されていないのも追い風だ。

ディスカッション