横浜市のカジノを含むIR誘致について賛成OR反対? 街頭アンケートで111人に聞いてみた! ビンゴ

情報横浜にカジノ 660880

横浜市の将来の税収をギャンブルという事業中心で構成してもよいものでしょうか。 この収入は、海外の観光客からなどではなく、少子高齢化と老後の不安に備えて蓄えてきた「なけなし」の日本国民の懐から出てくるお金です。一攫千金の夢を見た 日本国民の大多数の敗北のカネ からです。 莫大なカジノ収入は、最初からお客が負けるように仕組まれたビジネスで生まれます。 見かけ上は、IR施設という名の様々な魅惑的な人工建築物が娯楽施設として建設されるでしょうが、実態は カジノギャンブル中心 の施設群です。 カジノ誘致の裏の実態とカジノとはどういうものかを知れば知るほど、これほど明らかに民意に反した政策はありません。 こと地元の横浜市の状況を考えると、 横浜市民のためを思ってという要素が一つもありません 。 横浜市のIR推進案は、IR事業者から言われた表面上の数字の羅列になっており、横浜市が自らその内容を評価しようとすらしていません。 それなのに、前回選挙で「カジノは白紙」で当選した林市長によって、民意を一切顧みずにカジノ誘致が進められようとしています。 このままでは横浜市の将来は ギャンブルの都市横浜 になります。 そんなところに私たちの大切な子供達を住まわせたいですか? このホームページでは、そんな思いから横浜へのIR(カジノ)誘致に反対する理由と、カジノ反対の真の市民運動を支援するための様々な有益情報を広く載せていきたいと思っています。

山下ふ頭へのカジノ施設を含むIR誘致に対しては、約6割の市民が反対という世論調査の結果が出ています。ぜひ実際の市民の声をレポートして下さい(マリンタワーさん他)

市民の理解を得るために作成した広報動画では、なぜ日本にIRが導入されることになったのか、横浜市がIRを誘致する理由、依存症・治安などへの対策を説明するほか、海外のIR施設も紹介している。 4月1日からウェブサイトで公開するとともに、市庁舎1階の「市民情報センター」でDVDの貸出を行っている。横浜市は「未来の横浜を考える上でも、ぜひ、ご覧になってください。」としている。 第1章 オープニング(約1分) 第2章 日本型IR(約4分) 第3章 横浜市がIRを誘致する理由(約6分) 第4章 海外のIR施設(約 2。 第1章 オープニング(約1分)。 第2章 日本型IR(約4分)。 第3章 横浜市がIRを誘致する理由(約6分)。

‘横浜市’に関する記事

そうした機運の高まりの中で、横浜市民は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致をどう思っているのか、横浜市民の生の声を直接聞くべく、はまれぽでは街頭アンケートを実施した。 街頭アンケート調査は、関内駅周辺、山下公園、横浜駅周辺で、年1月29日(水)と2月4日(火)の2日間に分けて人(一部、市外・県外の人も含む)を対象に行った。 街頭アンケート調査によって、横浜市民の意識、傾向の一端を探りたいと思う。 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を表明した横浜市 街頭アンケートについて記す前に、「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)と横浜市」の現状について駆け足で振り返りたい。 そもそも「統合型リゾート施設(=IR/Integrated Resort)」とは、カジノを含めた、国際会議場やホテル、エンターテインメント施設などを一体整備した巨大集客施設のこと。経済効果や雇用創出が期待できるが、一方で、治安の悪化やギャンブル依存症への懸念が指摘されている。 このカジノを含むIR施設誘致について林市長は、(平成29)年7月30日、「カジノ誘致は白紙」と主張して市長選に当選し 3選 を果たした。 しかし、2年後の(令和元年)年8月22日、林市長は山下ふ頭に、カジノを含むIR施設の誘致を 表明 し、横浜市18区すべてでIR説明会を開催することを確約した。IRの必要性について、「年をピークに人口減少にシフトし、生産年齢人口の減少、老年人口の増加。消費や税収の減少、社会保障費の増加など、経済活力の低下や厳しい財政状況の見込み」などをあげている。また、カジノを含むIR施設誘致の賛否を問うための住民投票を行う意向がないことも示した。 IR誘致を表明   発表当日は、市役所には反対を訴える人がなだれ込み、2時間にわたり混乱が続いた。 林市長も参加して行われた横浜市によるIR説明会は、(令和元)年12月の 中区 を皮切りに、各区で行われている。

「IR(カジノ含む統合型リゾート)」 加藤綾子【3分でわかる】

ディスカッション