カジノ法案という“増税策” 組み合わせ

カジノ法案海外送金 52301

法と経済のジャーナルトップ   >   事件記者の目   >   事件記者の目。

統合型リゾートは「いつ」「どこに」誕生するのか

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。

●カジノとハイローラーの取材

IRというと企業の投資家向け広報活動 インベスターズ・リレーション を思い浮かべる人がいるかもしれないが、ここでいうIRは「カジノを含む統合型リゾート インテグレーテッド・リゾート 」を指す。カジノだけでなく、ホテルやショッピングモール、会議場、展示場、劇場、公園などが集まった総合施設のことだ。

マカオ:VIP客減少で冷え込むマカオ、中国が海外送金の規制強化(ロイター)

国会を言論の府であるとする建前からすれば、もっともな批判だ。  とはいえ、与党が3分の2以上の議席を占め、与党外からも賛成にまわる勢力(維新の会)が合流している以上、どんな手順で議論を進めたところで、採決の結果は動かない。与党側が、審議を尽くしたという外形を整えるために、それなりの審議時間を費やしたのだとしても、結果として法案が変更なしに可決されるのであれば、実質的に何が変わるわけでもない。 Powered by リゾーム? パチンコに対してギャンブル依存症を生むから規制せよという声はあまりあがりません。カジノの場合はすぐにその声が上がる。そこにはカジノアレルギーのようなものが有る気がします。振りかざしやすいモラルを感じていい気持ちがしません。 私の住む沖縄では、パチンコ業界の売り上げが億とも億とも言われる。観光以外に大きな産業の無い沖縄で、県の年間予算の半分を軽く上回るこの大金はどこから来るのか?先祖伝来の土地を切り売りしているとしか思えません。 パチンコについてはご指摘のように欺瞞的な脱法賭博であることは大いに問題ですが、最大の問題はそれが多くの貧乏人から金を巻上げる3流賭博である点です。このことがもたらす害悪は図り知れません。カジノの客層はパチンコよりは裕福な人たちが多い。チップを買える最低換金額でコントロールできるからです。お金持ちから金を巻上げるカジノのほうがレベルの高い賭博と思います。カジノができれば、パチンコの客層のうち裕福な人たちがカジノに流れ、パチンコは衰退すると思いますので、良いことだと思います。 なるほど、まとまっていないもやもやを解き明かしてくれる、素晴らしい記事でした。 ところで、下の方も書いていますが、純日本風のカジノはいいと思いますね。 観光というなら、日本でなくてはならない必然性があります。日本でなくちゃ体験できないものを用意できないのなら、そもそも不要だと思います。 ミニラスベガスを作っても、記事の通り海外企業に利益を吸われるだけになりますし、そもそも本格的にカジノに行きたい人は日本でなくラスベガスを旅行先にするでしょうから、必然的に顧客は日本人になります。 VRを使った、サムライランドでも作ったほうが、よほど観光立国につながると思うんですけどね。カジノ法案出した人は、法人税しか見てないんでしょうけど。 ギャンブルについて突き詰めて言えば、「個人の自由に国家がどこまで干渉するのか?」という事であろう。 個人的には、子供のうちに転んで痛い事を経験しておかないと、大人になっても老人になっても所詮は「子供」と同じ。むしろ老いて反射神経が鈍った老人の方が転んだ時に大怪我するのではないかな。 規制規制と叫ぶ方々は、子供に転ぶ機会を与えず、大きな子供を作っているだけの気がする。

水越孝「犬も笑うカジノ国会」 カジノ法案成立 シンガポールに見る成功条件 [モーニングCROSS]

日本の経済成長の切り札として期待が高まる

このセクションではIRをめぐる日本の歴史と現在の状況について述べていきます。 日本におけるカジノ誘致は、石原慎太郎氏が東京都知事を務めていた時代からスタートしています。 年4月に都知事に就任した石原氏は、東京都の財政再建という課題に対して「お台場カジノ構想」を掲げました。その経済波及効果は最大2,億円と試算されており、全国の自治体にも注目されました。 しかし年6月、石原都知事(当時)は、お台場でのカジノ実験計画の中止を発表。事実上の「カジノ構想の断念」をアナウンスしました。その計画中止の背景には、ギャンブル市場の実質的な既得権益を保持していたパチンコ業界の猛反発があったとされています。 その後、約10年に渡って日本におけるカジノ構想は目立った動きがありませんでした。 しかし、その一方で、年8月にシンガポールの3代目首相リー・シェンロンはIR導入を宣言。翌年4月にはマリーナベイ地区とセントーサ地区の2カ所にIR施設を設置する計画案を発表。やがて年には国内に2つのIR施設をオープンさせました。 再び日本に目を向けてみると、年4月、民主党の古賀一成衆議院議員を会長とする超党派のIR議連(国際観光産業振興推進議員連盟)」が発足します。 そして年12月には先述の「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が公布・施行されたのです。

ディスカッション