ポーカー好き、集まれ!2019年WSOPポーカー世界大会、優勝賞金は10億円超! 組み合わせ

賞金総額万円イタリアカジノ 71670

先週末に行われたフォートナイト・チャンピオンシリーズ(Fortnite Champion Series)の第2章-シーズン2の終了に続き、Epic Gamesは新たなオンライン招待トーナメントの開催を発表した。 ESPORTS INSIDERが 伝えた。

カジノおたくCAZY(カジー)のブログ

プレイヤーにとってWSOPの最も魅力的な点というのは神秘的な雰囲気に染み付いたその豊かな歴史である。他の全てのトーナメントを合わせてもWSOPのメインイベントから生まれた伝説の数は越えられない。年と年に最初の2度のWSOP それぞれ6人と7人の対戦相手 を制した「ポーカー界の大御所」ジョニ ー・モスから始まり、年と77年に同じ偉業を成し遂げたドイル・ブランソン、そして年と年のストゥー・アンガー、そして年と年に2年連続で人と人との戦いを制しただけでなく、年に3年連続の制覇寸前までいき、フィル・ヘルマスに敗れて2位でフィニッシュしたジョニー・チャンまで多くの伝説が生まれてきた。ちなみにチャンは今年のメインイベントは位でフィニッシュし、24,ドルの賞金を獲得した。 賞金をより均等 フラット に配分する構造によって、今年の優勝者、ホセイン・エンサンは1,万ドル(約11億円)の賞金を獲得した。しかしながら、この現代の巨大ポーカーイベント、ワールドシリ ーズオブポーカーから利益を得たのはプレイヤーだけではなかった。 WSOPブランドは、年にシーザーズ・エンターテインメント 当時のハラーズ がホースシュークラブ・オペレーティング・カンパニーを3,万ドルで買収した際にその一部として同社の手に渡 った。同ブランドは、米カジノ大手のシーザーズにとって、これがなければ厳しいものであった10年間の間に最も重要な資産の1つであることを証明した。 また、毎年夏にWSOPのためにラスベガスにやってくるのが、約2,人の臨時スタッフで、国内全土から「借りてきた」ディーラーだけでなく、HR、コンプライアンス、PR、会計、法律、飲食、小売、マ ーケティング、レジ係、払い戻し係、監視、セキュリティ、カクテルウ ェイター、会議スタッフそしてオーディオやビデオチームなどがいる。

日本人プレイヤーは?

バハマと言えばカリブ海のビーチリゾートの人気があります。バハマのカジノリゾートはもともとアトランティス・パラダイス・アイランドカジノがありましたが、それに次いで新しいカジノリゾート地になったのが、BAHA MARです。総敷地面積はエーカーを超える広さで、カジノの施設だけでなく数多くのエンターテイメントを楽しめる施設も付帯しています。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

大会には フィル・アイビー や フィル・ヘルミュースJr 、 ダニエル・ネグラヌ ら多くのトッププロ、さらに日本から。 記事の続きは コチラ。

ディスカッション