【FGO】ギフト持ちモードレッド戦攻略/キャメロット(第6章) 比較

フリープレイモードレッドドッグスロット 504877

Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。 新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。

モードレッド戦の攻略基本情報

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。 レッドドッグはトランプを使用したゲームのことです。プレイヤー 自分 とディーラー 親 の1対1の勝負で、ルールはとてもシンプル。テーブル上に配られた2枚のカードに、3枚目を引きます。最初に配られた2枚の間の数字であれば、勝ちになるというもの。特にテクニックなどもなく運次第なので、初心者から楽しめます。オンラインカジノでは一般的なレッドドッグですが、実際に店舗を構えるランドカジノではマイナーなゲームと言われています。

レッドドッグのやり方

レッドドッグは1デック(52枚)のカードを使うテーブルゲームです。 ベラジョンカジノでは毎回カードがシャッフルされます。 なんで「レッドドッグ」という名前なのかわかりませんけどね(笑)。 カードが3枚配られるので、配当表をチェックしておきましょう。6のところにレッドドッグチップが置かれています。 このまま勝負「CALL」するかコインを倍賭けして「RAISE」するかを選択します。 2枚目のカードが間に入ってると思えば「RAISE」、間に入ってないなと思えば「CALL」します。 ベラジョンカジノのRedDogは ジョーカーを除く52枚の1組(1デック) のカードで行われます。ランドカジノでは6デックを使用することが多いようです。 そのため スプレッドの確率やスリーカードの出る確率なども求めることができますし、どのタイミングでRAISE(倍賭け)するか といった戦略を考えることも出来ます。 スプレッド7を見てみましょう。 勝率は3。

ディスカッション