オンラインカジノにオススメの決済サービス「ECOPAYZ(エコペイズ)」について 比較

決済サービスカジノホテル 695649

ラスベガス旅行 では、 カード払いをメイン とすれば 最低限のUSドル があれば良いのかと思いきや、一概にそうとも言えません。

テックファームホールディングス株式会社

カジノを含む複合的な観光施設はIR(Integrated Resort、複合型リゾート)と呼ばれ、国際会議場や国際展示場といったコンベンション施設のほか、リゾートホテル、劇場や水族館などアミューズメント施設やショッピングモール、レストラン街、美術館、博物館などを含めて総合的かつ統合的に開発されるもので、アメリカやカナダ、オーストラリア、シンガポール、フィリピン、澳門など世界各国でこのIR(Integrated Resort、複合型リゾート)の導入が進められている。日本と同様に法律でカジノが禁止されていたシンガポールも、ギャンブル依存症対策を徹底して行った上で、観光振興策としてIR(Integrated Resort、複合型リゾート)の開発に取り組んでいる。年1月に開業したリゾートワールドセントーサや年7月に開業したマリーナベイサンズという政府公認カジノが併設された2つのIR(Integrated Resort、複合型リゾート)は、日本のIRのお手本になるといわれている。 カジノホテルのカスタマー・ロイヤルティ・プログラムは、ホテルの宿泊代金のみならず、カジノのプレー代金、レストランやショッピングモールなどの関連施設で特典ポイントを獲得することができ、獲得したポイント数に応じて各種特典が提供されるほか、航空会社のFFP(Frequent Flyers Program)のように3つから5つものステータスによるエリートプログラムによる顧客の徹底した差別化を行っていて、ステータスに応じて盛り沢山の特典が提供される。こうしたカジノホテルのカスタマー・ロイヤルティ・プログラムは、カスタマー・ロイヤルティ・プログラムの業界誌によるプログラムオブザイヤーの上位に毎年ランクされている。

セガサミーHD:シンガポール・韓国で統合型リゾート施設(IR)運営

ところで、アメリカの流通業大手といえばウォルマート(写真8)の名前を連想する方も多いと思いますが、今回ラスベガスへ足を伸ばしたのを幸いと、同社が北米で提供しているモバイルウォレットサービス「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」を自身で体験することができました。 ウォルマートペイは、ウォルマート店舗に加えて、ウォルマートのネット店舗での支払いにも利用できるスマートフォン向け「ウォルマートアプリ」の1つの機能で、利用登録に当たっては米国内で発行されたクレジットカード、デビットカードか、ウォルマートで販売しているギフトカード(プリペイドカード)が必要です。利用代金はそれら紐付けられた決済カードを通じて支払われます。ウォルマートは年12月にこのサービスを開始し、年7月には米国内での全店対応を完了したと発表しています。全店といえば5,店舗を超えますから、かなりの本気度を感じますね。  さて、こちらのモバイルウォレットの最大の特徴は、レジでの支払いの際にApple Payのような非接触ICではなく、「QRコード」を利用していることです。他にQRコードを利用するサービスとしては中国のアリペイ(Alipay)やウィーチャットペイ(WeChat Pay)などが有名どころですが、それらのメインの使い方がお客のスマートフォン画面に表示されたQRコードをレジ側で店員さんが読み込むのに対して、ウォルマートペイではレジ側の画面に表示されたQRコードをお客がスマートフォンアプリのカメラ機能を使って読み込む点が異なっています。  では体験してみましょう。私の場合は米国内で発行されたクレジットカード、デビットカードを持っておりませんので、まずは下ごしらえとしてギフトカードを購入しました。その上でiPhoneにダウンロードしたウォルマートアプリを起動、必要な個人情報を入力して、最後にギフトカードのアカウントへの紐付けを行います(写真9)。

ディスカッション