ベネチアにある世界最古のカジノ「カジノ・ディ・ヴェネツィア」 比較

プレイヤーヴェネツィアカジノ 354182

ヴェネチアは夜が早く、19時を過ぎるとレストランやバルくらいしか空いていない。 列車の時間が真夜中だったため、時間を持て余していた。 招待券を貰っていたため、列車の時間まで足を運んでみた。 招待券を貰ったので、駅からシャトルシップが出ているが、ヴァポレットの最寄り駅から徒歩で行ってみた。 1階で受付、招待券があるので入場無料。その後クロークに荷物を預ける。 大量の荷物があっても預けられるうえ、ドレスコード外の服装でもジャケットを貸してもらえる。 階段を上がると、さながらVIPの社交場のような雰囲気の、小さ目のカジノスペースが現れる。 マカオのように派手に遊ぶというよりは、文字通り社交場として楽しむための場所かもしれない。 ルーレットはヨーロピアンルーレットだし、定期的に開催されるらしいテキサスホールデムはプレイヤーが強くないため、非常に勝ちやすく感じた。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。

カジノの聖地「カジノ・ディ・ヴェネツィア」

どのシーズンに行くのがいい? ベネチアは一年中いつ訪れても素晴らしい表情を見せてくれる都市です。 春の気温 は 15〜23 度、夏には 35 度まで気温が上がることがあります。秋は霞がかかり、20 度程度で快適に過ごせるでしょう。観光客の混雑を避けたい場合は、9 月または 10 月が、街を訪問するのに最適な時間です。 ベニスでは、ローマ広場のターニングエリアを除いて、車は使用できません。ベニスを周るには、徒歩、ボートやゴンドラ、水上タクシー に乗ります。町を散策するのは比較的簡単ですが、当然のことながら、もし病気や年配の方、車椅子の場合には、少々不便を感じるかもしれません。道は大抵ガタガタとしており、橋は、階段で設計されています。ベビーカーは、ベニスには向かないかもしれません。車椅子の場合には周りの人の助けを借りて移動することをお勧めします。 世界初のカジノはベニスにあったと言われています。 年にカジノが建設され、国際的な注目を与えました。ベニスのカジノ、カジノ・デ・ベネチアは特別です 〜 カジノ・デ・ベネチアは街全体のあちこちにあるんです。理由は、あらゆるところが水の道だらけなので、 ベニスではカジノを増築することができなかったからです。 カジノ カ・ベンドラミンカレルジは街の中心にある建物で、市内の主要運河や大運河から見つけられます。こではルーレット、ブラックジャックやポーカー、様々なスロットマシンなどのゲームを提供しています。またカジノのほか、庭園でのコンサート、ディナー、バレエや美術展などの文化体験も開催しています。すべては美しい大運河の魔法の景色とともに楽します。

ベネチアカジノへの行き方

ヨーロッパのカジノをアメリカのそれと比較すると、違いは明らかです。デザイン、場所、伝統に関しては、両者の間に競争はありません。独自の建築様式と驚嘆するような全景を有したヨーロッパのカジノの歴史と遺産は、ギャンブルにユニークな背景を生み出す一方で、アメリカのカジノは、そのような文化的環境にあるパリやヴェネツィアなどのヨーロッパの都市をただ再現しようとしています。派手なネオンと華やかなエンターテインメントでアメリカは勝利するかもしれませんが、 ヨーロッパは粋なスタイルで勝負します!

ディスカッション