セガサミーが3月までに日本でのIR参入に向けた取り組みを「活発化」する予定 素晴らしい

アジアセガサミー日本カジノ 45372

カジノ解禁はすぐそこまで迫っています。最短で5年後にも国内で本格的なカジノがオープンする。そんななかで、セガサミーが運営会社として一歩リードしていることは明らかです」 (全国紙経済部記者)。

娘の結婚式の主賓は安倍首相

セガサミーはまだ日本IRのビジョンに関する本当の詳細を明かしていないものの、第2四半期の決算発表で、投資家に対して、3月の年度末までに「日本国内におけるIR参入に向けた取り組みが活発化することを想定しており、 先行費用の増加を見込んでおります」というメッセージを送った。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。 Trending Tags。

アジアセガサミー日本カジノ 846561

カジノ、5つ星ホテルなど第1期1次オープン

注: この文章のカジノを含む統合リゾート施設に関する法的議論の手順・スケジュール、及びその他の将来に関する記述は、現在、当グループが入手可能な情報に基づく将来に関する見通しです。正確であるという保証もその通りに実現するという保証もありません。 従って、これら情報に全面的に依拠されることはお控えいただきますようお願い申し上げます。 出所: カジノの市場規模はPricewaterhouseCoopers LLP, Wilkofsky Gruen Associates、 シンガポールの外国人観光客数及び観光収入はシンガポール政府観光局。 国内での議論は年頃からスタートし、年には基本構想が固められました。「我が国におけるカジノ・エンターテイメント導入に向けての基本方針」が年に発表され、制度の骨格となる基本的な枠組みが固まりました。そして年、超党派の「国際観光産業振興議員連盟 IR議連、通称・カジノ議連 」が発足し、枠組みに関する議論が本格的にスタートしました。年7月には、「法案大綱」が作成され、法案の骨格となる考え方に対する基本的な合意がなされました。そこで実現を期するとされたのは、カジノ単体ではなく、会議施設、宿泊施設等様々な余暇施設等を含む「統合型リゾート IR:Integrated Resort 」です。これを特定複合観光施設と呼称し、当該施設を含む区域概念を「特定複合観光施設区域」と定義することも合意されました。 当グループは、参入をにらんだ準備を着々と進めています。年2月に実施したフェニックスリゾート 株 の全株式の取得もそのひとつです。同社が経営するホテル、スパ、ゴルフ場、レストラン、国際会議場等からなる日本有数のリゾート施設「フェニックス・シーガイア・リゾート」を通じて、大規模複合リゾート施設の運営ノウハウの獲得を進めています。 Paradise Groupは、同国でカジノの運営、ホテル、スパの経営を行っているParadise Co。

ディスカッション