ブラックジャックの遊び方は決まっている。数字ごとに確率論で攻める基本戦略。 素晴らしい

ベーシックストラテジバハマカジノ 220124

人気の国・地域 韓国 マカオ シンガポール フィリピン アメリカ。

ブラックジャックの基本ルール

resocasi さんのツイート。 コメント( 0)。 今回のバハマ旅行。のぶさんは、カジノ必勝を誓って出かけました。  なぜなら、ここのところカジノでの戦績は3連敗、これ以上負け続けるわけにはいかない、というわけです。  必勝の戦略はふたつ。ひとつは、ブラックジャック以外には手を出さないこと。のぶさんは好みとしてはカリビアンスタッドやレットイットライドが好きなのですが、ハウスエッジを考えれば、やはりブラックジャックに徹するのが正解でしょう。  もうひとつは、長時間カジノに入りびたらないこと。ラスベガスでもテニアンでも、メシと多少の睡眠以外の時間はカジノから足を踏み出しませんでした。確率的にも長くプレーすればするほど、ハウスエッジ分は損をするのが当然なわけです。流れをつかんで短時間で勝負する、  今回はこれでいこうと。幸い、今回は某女性と一緒です。某女性は全くギャンブルをしません。ですから、基本的にはお相手をしなければなりません。昼間からカジノ三昧とはいかないわけです。 さて、実際にはどうだったか?

繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺翫h縺ウ霑ス蜉諠・ア

ブラックジャックとの違いは、勝負するまでディーラーのカードが全てブラインドされている点です。 ブラックジャックの場合、ディーラーはカードを1枚オープンすることが義務付けられていますが、ポンツーンは全てクローズド。 この為、ポンツーン 勝負時に配られた2枚での21。ブラックジャックで言う「ナチュラルブラックジャック」 の保険となるインシュランスとベーシックストラテジーは使用する事ができません。 ですが、使用するカードはジョーカーを除く52枚だけという少なさ。 この数の少なさで、「カウンティング」というテクニックはブラックジャック以上の効果があります。 数の数え方は、ブラックジャックと同様で、J・Q・Kのピクチャーカードは10としてカウント。Aについては1と11、どちらか好きな方を選んで良い事になっています。 但し、Aとローカード 低い数字のカード での「17」はソフト17という扱いになり、ディーラー側のみ強制でツイストする義務が発生。この点ではブラックジャックと異なり、当然ですが17からバースト、という事もありえます。 このルールによってディーラーカードのブラインドによる不利益がカバーされる形となっているのが本家ブラックジャックとの違いです。 ゲームテーブルでベットを行ったら即座にゲームが開始となりますますが、ディーラーが手札を先に確認し、開始2枚でポンツーン 開始時の手札2枚での21 が成立している場合は、自動的に負けとなります。 ここでディーラーがポンツーンでなければ自分の手札の確認。 手札の点数次第でカードを追加するかどうかを判断する事になります。 追加の場合は指でテーブルを2回、トントンと小突けばOK。 ブラックジャックにおけるヒットと同様で、発声で促す場合は「ツイスト!」と言います。 21を越えるとバーストとなり、自動的に負けが確定しますが、その範囲内なら5枚まで引く事が可能です。 ここで任意の数でステイ カードをこれ以上引かずに現在の点で勝負 、ディーラーの星の点数と勝負することになりますが、ブラックジャックとの違いに「5トリックカード」という物があります。 これはどういうものかと言うと、手札がどれほどクズカードの寄せ集めであっても、バーストせずに5枚引ければ無条件で勝ちが確定し、配当は3倍。昔、日本のSEGAが出していたゲームセンターで流行ったブラックジャックのルールでもあった「5カードWIn」と同じルールです。 大きく勝つ上での欠かせない特殊役となっています。 もちろん、ナチュラルでの21成立も特殊役となり、ポンツーンとして3倍の配当が受けられます。

繧医¥荳€邱偵↓雉シ蜈・縺輔l縺ヲ縺・k蝠・刀

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。

ディスカッション