【簡単解説】カジノ法案が成立!IRの実態とメリット、デメリットとは? 素晴らしい

決済方法カジノを含む統合型リゾート 371397

IRは観光振興、地域振興に資する成長戦略の一つのツールである統合型リゾート(Integrated Resort, 略称IR)とは宿泊施設、会議施設、飲食施設、物販販売施設等とともに、カジノやその他のエンターテインメント施設等を含む複合的な観光施設 出典:国際カジノ研究所 「 IR実施法案に関する基本的な考え方 」。

IR誘致(カジノを含む統合型リゾート施設)とは?

IR(統合型リゾート)を設置するためには、誘致を望む都道府県などが事業者と整備計画を作り、国から認定を受ける必要があります。設置できる箇所数は、現時点では 3箇所 に限られていますが、 最初のIRの認定から7年 が経過した時点でその数を増やすかどうかを見直すことになっています。 アメリカのシティグループが、東京・大阪・沖縄にカジノを作った場合の市場規模を試算したところ、その額は 約1兆億円 とされています。また、CLSA(証券会社)は全国12箇所でカジノを作った場合の売上について、 約4兆円 と予測しています。

IR(カジノを含む統合型リゾート)に関する法的問題

豊富な資源を持っている北海道では、苫小牧がIR誘致の候補地として挙がっています。広大な土地や資源はIR開発には必要不可欠。地域の特性を活かして、自然共生型を コンセプト にIRを展開予定です。 幕張新都心における統合型リゾート IR の民間事業者からの提案と本市の考え方|千葉市。 IR情報|愛知県 IR情報(市政情報)|名古屋市。 しかし、近隣のアジア圏内にはシンガポール・マカオといった巨大IRの地域があるため、斬新な コンセプト を打ち出さない限りライバルに打ち勝つことは難しいかもしれません。

ディスカッション