カジノを含む統合型リゾート(IR)の制度と可能性 素晴らしい

を含む統合型リゾートイタリアカジノ 270058

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。

電通からの提言 「 カッシーノ」によりカジノのイメージを変えよう!

一般社団法人 不動産証券化協会の機関誌『ARES不動産証券化ジャーナル』による座談会「カジノを含む統合型リゾート(IR)の制度と可能性」に、有限責任監査法人トーマツ パートナー、デロイト トーマツ グループ IR(Integrated Resort)ビジネスグループ リーダーである仁木一彦が参加。IRビジネス参入における留意点について語りました。 カジノを含む統合型リゾート(IR)については、先ごろ特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)に係る政令が閣議決定され、中核施設の具体的な要件が明らかになりました。IR 導入に成功したシンガポールがまぶしく輝き、日本でも年東京五輪・パラリンピック後の観光の起爆剤として期待が寄せられる一方で、課題や不安なども多くあります。 本座談会ではIRに関わる専門家により、IR整備法の主要な論点や、IRを巡る課題や可能性などが語られており、デロイト トーマツ グループからは、IRビジネスグループ リーダーの仁木一彦が参加しました。 本記事に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。

を含む統合型リゾートイタリアカジノ 761050

ARES 不動産証券化ジャーナル座談会

統合型リゾート (とうごうがたリゾート、 英 : Integrated Resort 、略称: IR )とは、 国際会議場・展示施設 などの MICE 施設、 ホテル 、 商業施設 ( ショッピングモール )、 レストラン 、 劇場 、 映画館 、 アミューズメントパーク 、 スポーツ 施設、 温浴施設 などと一体になった複合観光集客施設のこと [1] 。日本においては、 地方自治体 の申請に基づき カジノ の併設 を認める区域を指定して設置される予定である。 マカオ や シンガポール など、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、 訪日外国人観光客 (インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が注目されている。しかし現行の 日本 の法制度では カジノ が違法とされているため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされていた。

1 カジノのイメージは?

本稿ではIR(統合型リゾート:Integrated Resort)施設におけるノンゲーミング施設のうち劇場やアリーナとも呼ばれるエンターテイメント施設の概要と今後IR事業への参入を検討している企業が留意すべきエンターテイメント施設の検討課題に関して解説します。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

岡部 智(株式会社電通 ビジネス・クリエーション・センター IR・観光プロジェクト 部長) 渡邉 雅之(弁護士法人三宅法律事務所 パートナー弁護士)。 日本経済新聞神奈川版5月10日付けの記事によれば、横浜国立大学の川添裕教授や学生らが横浜市内で構想が浮上している統合型リゾート(IR)のイメージを複数者に聞いたところ、「カジノは横浜のイメージに合うか?」という質問に対しては、「いいえ」の回答が67%、「横浜にカジノができたら行ってみたいか?」という質問に対しては、「いいえ」の回答が69%であったとのことです。 (なお、調査実施日は年7月26日。山下公園において、面接方式で実施。回答数は名)。 カジノIRジャパン(注): 横浜国立大学の調査には、1)「IR」のイメージを調査する目的ながら、「カジノ」について質問、2)実施が年7月と約一年前、など留意点がある。政府が年6月にIR検討を正式に開始してから、二年間が経過。政府、自治体、経済界が、IRの調査検討を積み上げてきた。今後、IR推進法の成立を契機に、それら知見を社会にPRし、理解を高めていくことになろう。 議員立法として国会に提出されている「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(以下「IR推進法案」といいます。)は、これらの問題に正面から取り組んで管理することにより、カジノを合法化しようとすることを目的とする法案です。 これにより、日本で問題となっている違法賭博等の問題を抑制に向けての第一歩が可能になると考えられます。

ディスカッション