猶予期間後37軒のカジノ、8割のゲーミングテーブルが再開 素晴らしい

新スロットヘリテージホテルカジノ 839358

フィリピンのカジノ市場規模はマカオ、シンガポールに次いで東南アジア第3位。 カジノ施設は国内に54店舗もあり、最近は政府主導で大規模なカジノIR事業を推進しているので、これから更なる成長が期待されている国なんです。

フィリピンカジノスロットを無料体験!スマホ&タブレット対応

ヘリテージ ホテル Heritage Hotel。

ユーザーに人気の設備・サービス

ゲーミング監察協調局 DICJ は当初、テーブル間に充分なスペースを確保するために、カジノフロア上で稼働できるテーブル数を半数以下に制限していたが、現在は行政区全体で合計6,台あるテーブルのうちの約5,台が正式に使用を許可されている。

ディスカッション