YAHOO!ニュース プレイヤー

日本語対応可能賭け麻雀 975911

DORA麻雀は、国際法で許可されたライセンスを取得した会社が運営しているオンラインゲーミングの一種です。 他のオンラインカジノと同じように、法律上のルールに基づいて運営されているので、 リアルマネーをかけて遊んでも問題ありません。 麻雀本来の真剣勝負のかけをオンラインでも楽しめるところが、最大の魅力です。

身内での賭け麻雀も罪になるのか

黒川検事長は辞任する意向を固めていて、21日にもコメントを出すものとみられます。 東京高等検察庁の黒川弘務検事長は、緊急事態宣言で外出自粛の要請が続く今月1日と13日の夜、都内にある新聞記者の自宅マンションを訪れ、賭けマージャンをしていた疑いがあると報じられました。 これを受けて法務省が聞き取り調査を行ったところ、黒川検事長が緊急事態宣言中に賭けマージャンをしたことを認めていることが関係者への取材で分かりました。 黒川検事長は辞任する意向を固め、周囲に伝えているということで、検事長は21日にもコメントを出すものとみられます。 東京高検検事長は検察ナンバー2のポストで、政府はことし1月、法解釈を変更して黒川検事長の定年を延長し、野党側からは「官邸に近い黒川氏を検事総長にするためではないか」などと批判が相次いでいました。 法務・検察当局は後任の人選についても調整を急ぐものとみられます。 辞任意向 「報告を受けていない」官房長官 菅官房長官は、午前の記者会見で、「法務省で、現在、事実関係を確認していると承知している。お答えは差し控えたい」と述べました。 そのうえで、黒川検事長が辞任の意向を示していることや、週刊誌側から取材を受けたことについては、報告を受けていないと説明しました。 また、記者団が、黒川検事長の定年延長に問題はなかったのかと質問したのに対し、「検察庁の業務遂行上の必要性に基づいて法務大臣から求めがあり、閣議決定され、引き続き勤務させるようにしたもので、問題ない」と述べました。 一方、検察庁法を改正する必要性については、「高齢期の職員の知識や経験を最大限に活用し、複雑かつ高度化する行政課題に的確に対応するため、国家公務員の定年を引き上げることを目的としており、必要かつ重要な法案だと認識している。法案の取り扱いは国会で決めていただく」と述べました。

日本語対応可能賭け麻雀 733418

DORA麻雀について

PC PC - Casitabi No2. PICK UP. PICK UP. No 5 km.

ディスカッション